←prev entry Top next entry→
伝え方、伝わり方
もう、にぃじゅぅさぁんにち(23日)ですね(世界のナベアツ風にアホになって)、オモロー

さて、今日はちょっと真面目に。。(長くなりますよ(^^ゞ)

開院から10ヶ月経つ中でSOUへ来られる方の層が変わって来てます(ダジャレではないですよ、真面目になんですから)

簡単にいうと開院当初より重い症状(しびれ、強い痛み、関節の変形、ひどい凝りなど)の方の来院が増えてます

理由は時間とともに信用度が上がってきてる(カイロってものに期待してる人が増えてきてる?)、症状が改善した方からの紹介がある、フリーペーパーやブログなど外に対して情報を発信する媒体の内容を意識的に症状が強い人向けにしてる等だと思います

僕は札幌の治療院(重い症状の方がいっぱいみえる)で修行してきたので、そういう治療としての知識・経験が自分の武器だと思ってます
なのでそういう患者さんが増えてることは非常に喜ばしく、自分の力を発揮し更なる経験を積まして頂けるという意味では良い形になってきてます

で、時々患者さんが言われてて気になるのは、”カイロと整体は何が違うの?整形と接骨院は?どういうことするの、バキバキってやるの?・・”など
結局みんな良く(楽に)ないたいと思って色々な方法で自分に合った治療を探してるけど、やっぱりよく分かりづらいんだなって思います

これはやっぱり伝える側の伝え方にも問題があるんじゃないかと思います

正直こういう業種ってのは食べ物屋さんなんかとは違い、また値段も決して安くないため新規の患者さんを獲得するのは容易ではありません
そのため自分がそんなに専門でないことまで何でもやりますよ的にアピールしてしまったり、初回を大きく割り引いて人を集めるということが割と普通になってます

でもそれって違いますよね、患者さんが本当に求めてるものとは

来てくれた患者さんに自分は何ができる、これは分からない、こういうところで診てもらった方がいいんじゃないかを最低限判断する意識は持ってないと、そして伝えないと

できないことはできないと認めることから進歩は始まる(簡単に諦めるのは投げてるだけ)

だから、勉強する、練習する、人に教わるんです
病院で針を打ってる方とか、専門学校の学生さんとかが時々治療を勉強させて下さいって来てくれるんですが、常に持ち続けたい気持ちです

たくさんの人を楽にしたいからこの仕事をしてるのか、人にたくさん来てほしいからこの仕事をしてるのか、最初は思ってたことが揺らぐことは誰でもありますけどね

たくさんの人を集める伝え方を工夫するよりも、たくさんの人を楽にできる工夫をする
(これがしっかりできてる人のとこには患者さんが集まります)

SOUが必要な人にもっと届くように
リーフレットを置かせてもらえる場所を探していこうと思ってます



趣旨としては
何か辛い症状があって困っている方に治療を試してもらえる機会が増えればというものです
商売として何でもいいから新しい人に来て欲しいというものではないので
患者さんでここに置いたらそういう方に届くよとか
善意で、そういう方がたくさんいる環境なのでうちに置いてもいいよという方がいらっしゃればご一報ください


| 日記 | comments(4) | trackbacks(0) | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
スポンサーサイト
| - | - | - | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
Comment
2008/02/25 9:54 AM posted by: SOU
TO絹ちゃんの友さん
画像を確認した方がよりピンポイントでの治療ができますし、今後の方向性もイメージしやすいです
症状の出方からしてそれほどひどくはないと思うので、安心して下さいとお伝えください(^.^)

TOなべあつより〜さん
R1ですよね、昨日見ました
僕の方がオモロー?ですよ

TO重症患者Nさん
まだやりますよ、体力には自信ありです
お願いします、受付に用意しておきますので声掛けて下さい(^^ゞ
2008/02/24 7:12 PM posted by: 重症患者N
まだ働くんですか?その体力すごいですね・・
うちの職場には高齢の方が多く来るので置かせてもらえればお役に立てるかも
次回もらって帰りますね
2008/02/24 3:42 PM posted by: なべあつより、なだぎ武だぜ!
F1グランプリきっと、見てなかったと、思いますがなべあつは、3位なだぎ武は1位だぜ!
2008/02/24 3:34 PM posted by: 絹ちゃんの友
先日お世話になったシビアな主婦きぬちゃんですが、アドバイスどうり指摘された4番目が悪かったようで、25日エムアールアイとってさらに悪い所調べるそうで、アドバイスに感謝、これからのサポートお世話になりたいとのことです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sou-chiro.jugem.jp/trackback/87