←prev entry Top next entry→
祭りを見て初心にかえれば?
 蓮池さんでしたが、楽しんごに恋している院長に、
楽やすしと呼ばれている高橋です。(^^;

わたしの住まいは四日市のはしっこで、四日市の中では
桑名にいちばん近いところです。
何せ、自宅から100m歩くと四日市から出てしまうんです。

最近、昭和20年代の地元の写真集を見て感激しました。
石取祭りとか、なんでこんなになつかしく感じるんでしょうね。

え、石取りは桑名の祭りだろうって?
はい、そうなんですが、桑名の石取りをコピーした祭りが
北勢地区にはいくつもあって、
わたしにとっては地元の祭りなんですよ。

お隣の富田一色は古い漁師町で、「けんか祭り」という
日本中の祭りファンが集う(?)オリジナルの祭りがあります。

うらやましく思ったこともあるけど、やっぱりわたしは石取りがいちばん好き。
何ともいえないノスタルジーを感じます。

戦後間もない頃の古い祭りの写真を見ていると、あの頃に戻ってもう一度
やり直したらいいんじゃないでしょうか。

大震災から立ち上がろうとしている東北の人たちを見ていて、
そんなことをつらつらと考えました。

| 高橋 | comments(0) | trackbacks(0) | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
スポンサーサイト
| - | - | - | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sou-chiro.jugem.jp/trackback/499