←prev entry Top next entry→
休日
木曜でもどうも仕事に関係ある時間の使い方をしてしまうON・OFF境目無し男です。。
好きでやってるんだからどうしょうもないですね

昨日はある治療院に見学&お話させてもらいに行ってきました
長年病院で勤務されてから独立された方ですが

今の業界における問題点、患者さんが求めてるものに応えようとするビジョンなど非常にしっかりとした考えを持っていて、勉強になります

こういう本質を見誤らない姿勢の方と出会えることは、僕自身のやる気にもつながり夢も広がります(話し過ぎてすみません)

さて、そこで僕が今、これから当面力を入れてやっていこうと思うことは

カイロプラクティック(整体含め)など手技療法の桑名近隣地域での期待値を高め、正しい認識を広めていくこと(どういう時にかかると効果的なのか、どういうものは病院などでの検査・診察を優先すべきなのかを分かりやすくしていくこと)です

なぜかと言えば、来院するほとんどの方がそういうものに対してしっかりとした判断基準がないために、迷っている状態だといつも感じるからです

例えばですが、
病院で検査してもらったが、明確な原因は見つからず、痛み止め、シップなど出されて帰る→もう少し症状が改善する処置はないものだろうかと思う
そういう時は整体などに行くといいのだろうか?とは思うが、この症状でかかって適切な処置が受けれるものか、バキッとかやられて本当に大丈夫だろうか?
など思う方はかなりいると日頃接してて感じます

なぜこういう状態なのか考えると

・病院では一人の患者さんに充分な検査・説明をする時間がシステムの関係上取りづらく、効果的治療にまで結びついて行きづらい
・そこを補うものとして、腕の良い民間療法家がいたりするのは事実だが、整形外科的な根拠に乏しく、そこへのこだわりが薄いため一般的に評価されづらい
・両者が互いの必要性を認め合うことでの患者本位のサービスを目指そうとしていない
・一方で儲かりそうだから整体やってます、みたいな志の低い整体師も最近は結構いて、集客?に一生懸命だったりして、業界の信頼含め、訳がわかんなくなってる

などがあると、僕は思います

だからまず民間療法家としては

自分のできること、できないことをはっきり自覚した上で、活躍できる場面を世間に正しく認識してもらっていく
得意でもない(本気で取り組んでもいない)ことまでできるような誇大広告に頼らず、誠実に仕事にあたる

こういったことを継続的にしていくことで世間的な信頼、正しい基準をもってもらうべきだと思います

もうひとつ、僕が以前から整体とかが、なかなか一般的な評価が高まってこない原因のひとつに、立地(自宅の一室など)・完全予約制・不定休などのシステムがあると考えてます

これらはどれも治療院側の都合がいいように考えられたものです

そういう都合のいい働き方をしながら、多くの人に理解してもらおうというのはやはり無理があります

そういうやり方でも必要なものは(患者さんの支持がある方は)、ちゃんと残っていきますし、実際そうやって地道に活動してる方も知ってます

僕も以前はそういう働き方でいいと本気で思っていましたが、自分の目指すよりよい施術と先ほどからの一般の方の迷い(ニーズ)に向き合う中で、もっと一般大衆性を持つことで、職業としての社会的役割を高めることを目標とするようになってます

そこまでやってプロかなと最近思うので、その為にもっと学ぶし、人に教えてもらうし、人と協力していくつもりです、大変だと思うけどやりたいんだから仕方ないですね

こういう気持ちの同志がもっと増えるよう日々研鑽します

久々の暑苦しい長文シリーズ、我慢強くお付き合い頂いた方?ありがとうございます(^_^;)


| 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
スポンサーサイト
| - | - | - | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
Comment
2009/04/27 9:42 AM posted by: SOU
こちらこそお忙しいのにありがとうございました
そうやって目的意識を持つやり方が自分には合っていると考え、つい。。
今後ともよろしくお願いします、何ができるでしょう?楽しみですね、お誘いも待ってます(^.^)
2009/04/26 10:15 PM posted by: ぽっかぽか堂
せっかくのお休みなのに御足労いただきありがとうございました。
改めて、SOU先生って熱いなぁ〜って実感しました。
そこまで情熱的に仕事されてる治療家はとっても貴重な存在ですよ。
これからもお互い切磋琢磨し、協力し、たまには酒でも呑みながら頑張りましょう!!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sou-chiro.jugem.jp/trackback/281