←prev entry Top next entry→
同業者の方
整体やらマッサージを含め、同じような仕事をされてる方が治療に来ることがよくありますが

そのタイプは色々でなかなか面白いです

丁寧に名刺まで出して挨拶される方、最後まで決して身分を明かさない方(問診取ったりする中や、たち振る舞いなどでほぼ僕は気づきますけどね。。)

そりゃ整体師だってどっか痛くなったり、疲れも溜まるでしょうから

時々、人の施術を受けるのは良いことだと僕は思います
その人の受ける姿勢にもよると思いますが、何かしら得るものがあるので
(正直、あまりにもひどくただガッカリすることもありますが)

でも、いつも思うんですがどうもこういう仕事をしてる方は、自分こそが一番だ(そこまでは思ってないか?)的になりがちだったり、他人と協力したり切磋琢磨する中でより良いものを追求しようという姿勢が足りないんではないかと
学んできた環境、得意とする治療法を越えて、もう少し同じ方向を向いた方が(本来、目指すものは近いはずなんですが)本当の意味での患者さんの為になるはずです

個人でやってる方が多いため、その大変さを分かち合ってただ仲良くしたり、情報交換するだけでなく、自分の知識・経験と他人のモノを出し合いより良い方向への修正といった作業をやれればいいんですけどね

そういう環境(機会)をこれから作っていきたいです

セミナー(勉強会)に出るだけでもなく、師弟関係とかを越えた、そういう前向きな治療家ともっとこれから出会い、高めあっていけたら最高ですね

僕は意識の高い(柔軟性もある)治療家だと感じた方には積極的に声をかけるようにしてます、逆に自分も人からもっと声を掛けられるようになって行かなければと思います
そして良い治療目指しますよ、自分ひとりでやれることには限界がありますから

人を認め、教えを乞うことは、負け(恥ずかしいこと)ではないと
自分のやってることに自信が持てるからこそ取れる行動だと思います
| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
スポンサーサイト
| - | - | - | 三重県桑名市のカイロプラクティック SOU |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sou-chiro.jugem.jp/trackback/170